日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト
ホーム 未解決事件ファイル(〜2000年) 未解決事件ファイル(2001年〜) 全国指名手配犯 “行方不明事件”

未解決事件ファイル

和光市看護師殺人事件(2004年4月)

2004年4月9日午前10時45分ごろ、埼玉県和光市本町のマンション・和光C&Hハイツの208号室で、東武中央病院(菅野隆院長)の嘱託看護師・小出シツヱさん(当時78歳)がベッドでシーツに巻かれ死んでいるのを、捜索願を受けて室内に入った警察官が見つけた。

小出さんは1人暮らし。3月31日の昼ごろ勤務先の病院を早退し、同日午後5時40分ころに自宅近くを歩いている姿を同僚の看護師が目撃しているが、それを最後に所在不明となっていた。病院から連絡を受けた都内に住む小出さんの弟(当時67歳)が4月6日、警察に家出人捜索願を出していた。9日午前、病院の職員立ち会いの元警察官が部屋に入り遺体を見つけた。

警察官が訪れる前にも、小出さんが無断欠勤をしているのを心配した病院職員や弟が合鍵を使って部屋に入り室内を調べていたが、遺体はシーツにくるまれて布団が被せられていたためその時は発見できなかったと思われる。

小出さんの首と足は紐で縛られており、死因は絞殺による窒息死だった。室内に争ったり物色した形跡はなく、通帳や財布も残されていた。玄関のドアも施錠されていた。

現場は、東武東上線和光市駅の南西約900メートルの位置にある4階建てのワンルームマンション。

<埼玉県警ホームページ>和光市本町地内女性看護師殺人事件



お問い合わせ

Copyright (C) 2023 未解決事件X All Rights Reserved.

inserted by FC2 system