日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト
ホーム 未解決事件ファイル(〜2000年) 未解決事件ファイル(2001年〜) 全国指名手配犯 “行方不明事件”

未解決事件ファイル

東村山市一家4人放火殺人事件(2022年5月)

2022年5月9日午前3時15分ごろ、東京都東村山市多摩湖町1の3の11の2階建て住宅で、火災があったと近所の住民から110番通報があった。住宅は約80平方メートルが焼かれ、住宅の中から女性1人、男性3人が救助され病院に運ばれたが、全員の死亡が確認された。

4人の身元はこの住宅に住む世帯主の男性(当時65歳)とその妻(当時64歳)、次男(当時36歳)、四男(当時26歳)であることが判明。4人の死因はいずれも一酸化炭素中毒。全員とも2階の和室であおむけに倒れており、衣服からは灯油の成分が検出された。

出火直前、この住宅のインターネット回線を通じ、警視庁の情報提供サイトに「放火、焼身、心中」などと書かれたメッセージが届いていたほか、男性が火災の前に灯油やライターを購入していたことが判明。第三者が侵入した形跡はないことなどから、東村山署は4人が心中を図ったと判断した。

また、火災からおよそ2週間後には、住宅を解体していた業者が1階の3畳間の洋室から、毛布のようなものにくるまれた三男(当時30歳)の遺体を発見した。遺体は白骨化せず長期間酸素に触れないことで、ろうのように変化する「屍蝋化(しろうか)」した状態で、司法解剖の結果から死後1年以上が経過していたことが分かった。

捜査1課は、三男の死因を生前に断食を続けたことによる衰弱死の可能性が高いとみているが、死亡の経緯や放置されていた理由はわからず、他殺の可能性も否定しきれなかった。

一家はもともと6人家族で、4人兄弟の長男は既に家を出ていた。次男と四男は自宅にこもりがちで、定職に就いていたのは新聞配達員をしていた父親とパート職員の母親だけだったという。

父親は2020年9月、「足の病気が悪くなった」として退職。母親も2022年3月に夫の介護を理由にパートを辞めた。一家は4月に初めて家賃を滞納。それから間もなくして火災が起きた。

また、三男は生前釣り堀でアルバイトをしていたが、2016年ごろから連絡が途絶えたという。釣り堀の男性オーナーによると、「バイトを休ませてほしい」と電話を入れてきたのが最後で、見るからに体調が悪そうな様子だったという。

オーナーは受診を強く勧めたが、その1~2週間後には、三男が亡くなったという話が知人らの間で広まった。オーナーはしばらくして未払いのバイト代を支払おうと三男宅を訪れたが、家族からは「(三男は)外出している」と言われ、暗に死亡を否定された。焼香したいと訪れた知人らも同様に門前払いされたという。

関係者は「経済的に困窮し、葬儀を出せなかったのではないか」と推察している。しかし一家が生活保護などを申請していた形跡は確認できなかったという。

2022年12月9日、警視庁東村山署は現場の状況から4人のうちの誰かが家族を殺害するために放火したと判断し、容疑者不詳のまま殺人容疑で東京地検立川支部に書類送検した。 火事より前に死亡していたことが分かった三男の遺体については死因が特定できなかったが、遺体が長期間放置されているなど不審点が多く、他殺の可能性も否定できないとして、三男の死亡についても容疑者不詳のまま殺人容疑で書類送検、これによって一連の捜査を終結した。




お問い合わせ

Copyright (C) 2023 未解決事件X All Rights Reserved.

inserted by FC2 system