日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト
ホーム 未解決事件ファイル(〜2000年) 未解決事件ファイル(2001年〜) 全国指名手配犯 “行方不明事件”

未解決事件ファイル

釧路市高齢女性殺害事件(2001年3月)

2001年3月5日午後9時10分頃、北海道釧路市光陽町に住む、無職・増田清子さん(当時74歳)が、自宅の居間でこたつに入ったまま、胸や首など数カ所を刃物で刺されて死んでいるのが発見された。増田さんは普段着姿で、こたつに両足を入れたまま横たわって亡くなっていた。

発見したのは釧路市内に住んでいる友人で、増田さんの家に何度も電話をかけていたが応答がなく心配になって見に来た際に亡くなっている増田さんを発見したという。司法解剖の結果、増田さんの死因は首からの失血死であることが判明、現場からは血のついた包丁が見つかった。友人が訪れた時、玄関は内側から施錠されていたが、ベランダにある窓は鍵が掛かっていなかった。

また、増田さんは事件直前に近くの食堂から2人前の出前を取っており、こたつの上には2つの湯飲み茶わんが置いてあった。石油ストーブがついたままで、誰かを接客しているようだった。部屋には争った形跡や金品が盗まれた形跡がなかった。

増田さんは、3月1日に既に他界している夫の父親が入所している特別養護老人ホームを訪れているのを最後に外出は確認されていない。警察は、死亡推定時刻から犯行時間を2日の午後7時から9時の間と断定した。 増田さんは糖尿病で目が不自由だったが、地元の老人会に入り、毎週火曜日に行われている踊りの会に参加するのを楽しみにしていたという。

現場は釧路駅から北側に約1.5キロ離れた場所にあり、アイスホッケー場などがある公園と釧路江南高校の間に挟まれた場所で、増田さんの家は公園側の通りに面していた。 なお、2日の午後3時から4時にかけて、50歳から60歳の黒っぽい服を着た中肉中背の男性が増田さんの家に出入りする姿を近所の人が目撃している。

警察では増田さんの夫が生前、複数の知人を相手に多少の利息をつけて金を貸しており、金銭トラブルがあった可能性があるとして捜査を進めているが、現在も犯人の特定には至っていない。 事件現場となった増田さんの自宅は、既に取り壊されている。

<北海道警ホームページ>釧路市光陽町で発生した殺人事件に関する情報提供のお願い




お問い合わせ

Copyright (C) 2023 未解決事件X All Rights Reserved.

inserted by FC2 system