日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト
ホーム 未解決事件ファイル(〜2000年) 未解決事件ファイル(2001年〜) 全国指名手配犯 “行方不明事件”

未解決事件ファイル

浦和市ゲームセンター従業員女性殺人事件(1997年3月)

1997年3月31日午前1時30分ごろ、埼玉県浦和市常盤9丁目(現さいたま市浦和区常盤9丁目)にあるゲームセンターのカウンター付近で、従業員の武笠静さん(当時73歳)が胸から血を流して死んでいるのを、店舗2階に住む経営者の長男が発見した。

武笠さんの胸には刃物で3カ所刺された跡があり、あおむけに倒れていた。長男は近くのコンビニエンスストアで買い物をして帰宅した際、店の明かりが閉店時間の午後11時半を過ぎてもついていたため不審に思い、店内に入ったところ武笠さんを発見した。

この店の従業員は武笠さんと夫(当時76歳)の2人だけで、30日は午前10時から正午までと、午後5時から閉店までが武笠さんの勤務だった。

店内にある両替機のふたが開けられ、床には50円硬貨数10個が散乱していたことから強盗目的の犯行と思われる。この店には札の両替に使うための手提げ金庫があったが、こちらは鍵がかかったままだった。

現場はJR京浜東北線北浦和駅西口の南方約70メートルに位置し、駅前の雑居ビル、商店、マンション等が密集する地域。現在このゲームセンターの跡地は斎場となっている。

【埼玉県警ホームページ】浦和市常盤地内ゲームセンター女性従業員殺人事件



お問い合わせ

Copyright (C) 2023 未解決事件X All Rights Reserved.

inserted by FC2 system