日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    指名手配犯を追え

    警察庁指定重要指名手配犯

    写真 寝屋川市女性バラバラ殺人事件
    指名手配犯
    越智 清(おち きよし)
    生年月日:昭和27年4月6日
    出身地:不明
    身長:175センチメートルくらい
    特徴:演歌好き、荒れた肌、目が濁っている
          妻の遺体を解体後、離島に逃亡か。島内で既に死亡している可能性あり

    大阪府寝屋川市の薬局経営越智栄子さん(当時65歳)が2006年3月1日から行方不明になっており、同じころ夫の中古車販売業越智清容疑者(当時54歳)の所在が分からなくなっていた。大阪府警捜査1課は29日、栄子さんが何らかの理由で死亡したと判断、遺体を傷つけたことによる死体損壊と虚偽の住民異動届を提出した電磁的公正証書原本不実記録の疑いで、清容疑者の逮捕状を取り、全国に指名手配した。遺体が発見されていない中、死体損壊容疑による指名手配は異例であった。

    警察の調べによると、自宅浴室から広範囲にわたる血液反応が確認され、DNA鑑定で栄子さんのものとほぼ一致した。また台所の包丁もなくなっており、捜査1課は、清容疑者が2月28日から3月初旬の間、浴室で栄子さんの遺体を解体したと判断。また2月28日、大阪市北区の架空の住所へ転居するとの虚偽の住民異動届を寝屋川市役所に提出、住民基本台帳ファイルに記録させるなどしていた。

    清容疑者には栄子さんから多額の借金があり、返済をめぐってトラブルがあったといい、栄子さんに失踪の理由がないことから金銭トラブルが殺害の動機となった可能性があるとして捜査を開始した。

    その後の調べで、清容疑者が3月11日より鹿児島県の離島に潜伏していたことが分かった。 離島は鹿児島県南部の口永良部島(上屋久町)で人口は約150人。島から出た形跡はなく、腕時計などの所持品を島の住民にただで譲っていたという。清容疑者は以前から知人に「無人島を買った」と話し、失踪直前の3月上旬には「海外に行く」などと話していた。実際には海外に渡航しておらず、捜査1課は国内で行方を追っていた。

    口永良部島での捜索は、初日に島内での目撃情報を確認、地形などについて島民から説明を受けた。8月1日以降、派遣した捜査員ら10数人態勢で本格的に捜索。それによると、清容疑者は3月24日に軽装で山の方へ歩いていくのを島民に目撃されたのを最後に消息を絶っていた。島を出た形跡はなく、行方をつかめないまま、口永良部島での捜索を終了した。府警は既に島内で死亡したとの判断を強めており、捜査体制を縮小した。

    口永良部島は、屋久島の西方約12kmに位置する島で、温泉が豊富にあるほか、島の周辺は魚釣りのポイントも多いため、1年を通して観光客が訪れる。

    <大阪府警ホームページ>「指名手配被疑者の検挙にご協力を!」

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    指名手配犯一覧へ

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system