日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    指名手配犯を追え

    その他の指名手配犯

    写真 香川県小豆島町旅館保険金放火事件
    指名手配犯
    溝渕 美壽(みぞぶち みとし)
    ※2016年10月25日逮捕

    生年月日:昭和38年3月7日
    出身地:不明
    本籍:不明
    身長:176cm程度
    体型:中肉
    特徴:左小指欠損、後頭部に縦15cmくらいの手術痕

          廃業になった旅館を放火、火災保険金1億7000万円をだまし取ろうと計画

    指定暴力団2代目親和会幹事長で溝渕組長、溝渕美壽(48歳)は2009年12月20日夜、仲間とともに香川県小豆島町神懸通の廃業した旅館の建物に火をつけて全焼させたうえ、2010年1月に保険会社に1億7000万円の保険金を請求してだましとろうとした。しかし火の気がないことを不審に考えた保険会社は支払いを実行せず警察に通報した。建物は2棟計1383平方メートルを全焼したが、火事によるけが人はなかった。

    この旅館は火事の2年前に倒産し、火事の4か月前に溝渕の仲間とみられる高松市の自営業の男(42歳)の名義で競売によって650万円で落札されていた。警察はこれまでに共犯の疑いで仲間とみられる男3人を逮捕したが、溝渕が逃げていることなどからいずれも処分保留となり、このうち2人は別の事件で服役中。

    2011年、警察は保険金目当てで放火をしたとして、非現住建造物等放火、詐欺未遂容疑で溝渕を全国に指名手配、公開捜査に踏み切った。近畿、四国、中国地方で情報提供を呼び掛けるポスター1万枚、ちらし5000枚を掲示・配布したがいまだ見つかっていない。

    ***************************************************

    2016年10月25日、香川県警は非現住建造物等放火と詐欺未遂の疑いで同容疑者を逮捕した。詐欺未遂の公訴時効(7年)が約3カ月後に迫っての逮捕であった。取り調べには、「ちょっと違う」と容疑を一部否認しているという。

    県警によると、同容疑者は当時高松市在住だったが、25日午前、東京都内で警視庁の警察官が発見した。

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    指名手配犯一覧へ

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system