日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    指名手配犯を追え

    その他の指名手配犯

    写真 連続企業爆破事件
    指名手配犯
    桐島 聡(きりしま さとし)

    生年月日:昭和29年1月9日
    出身地:広島県
    身長:160cm程度
    特徴:強度の近視で度の強い眼鏡等を使用、眼鏡を取るとギョロ目、 口唇厚くやや大きい、 右足を引きずる癖がある

          東アジア反日武装戦線のメンバーの中で一度も逮捕されなかった唯一のメンバー

    東アジア反日武装戦線とは、1970年代に三菱重工爆破事件など連続企業爆破事件等の爆弾による武装闘争を実行した日本の武闘派左翼テロリストグループ。反日アナキズム思想を持つ「極左暴力集団」と当初から見なされていた。桐島はさそり班に所属していた。班名は自らの小さな組織の猛毒で大きな建設資本を倒すさそりになぞらえたものである。

    連続企業爆破事件は、東アジア反日武装戦線が旧財閥系企業、大手ゼネコン社屋・施設などに爆弾を設置し爆破した事件。1974年8月から1975年5月にかけて、東アジア反日武装戦線は日本国家をアジア侵略の元凶とみなし、アジア侵略に加担しているとされた企業に対し断続的に爆破事件を起こした。

    1975年5月19日に東アジア反日武装戦線の主要メンバー7人が逮捕されたのを契機に逃亡。直後にメンバーの1人が所持をしていた桐島の家の鍵からまだ警察が把握していなかった桐島の存在が判明し、桐島は警察に全国指名手配された。現在も行方はわかっておらず、東アジア反日武装戦線のメンバーの中で一度も逮捕されなかった唯一のメンバーである。

    起訴後に国外逃亡した、大道寺あや子と共犯の事件(間組本社・工場同時爆破事件)に関しては刑事訴訟法254条2項の規定により共犯者の公判中という形で公訴時効が停止しているが、大道寺あや子と共犯ではない事件に関しては公訴時効が成立している。

    <桐島聡が関与した爆破事件>

    【鹿島建設爆破事件】
    1974年12月23日、東京都江東区の鹿島建設のKPH(鹿島式プレハブハウス)工場の資材置場が爆破された。資材置場は半壊したが、死傷者は出なかった。

    【間組本社・工場同時爆破事件】
    1975年2月28日、東京都港区にある間組本社と埼玉県与野市(現さいたま市中央区)にある間組大宮工場が爆破された。残業の社員や消防士など5人が負傷した。

    【間組作業現場爆破事件】
    1975年4月28日、千葉県市川市の間組江戸川作業所と工事現場を爆破しようとした。作業所の方は爆発して当直の間組社員に重傷を負わせたが、工事現場の方は不発だった。そのため、不発の爆弾をそのままにし、横に新たな爆弾を取り付け誘爆させることにし、5月4日に決行した。(死傷者はなし)

    <福岡県警ホームページ>過激派秘密アジト発見にご協力を!!

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    指名手配犯一覧へ

     

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system