日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    山梨県山中湖村身元不明女性バラバラ死体遺棄事件(2004年4月)

    2004年4月8日午後2時40分ごろ、山梨県山中湖村山中の有料道路「東富士五湖道路」脇の斜面で、ポリ袋に入った人間の頭らしいものを発見した、と近くで工事をしていた作業員男性(53歳)から富士吉田署に通報があった。

    数枚重ねられたポリ袋には頭部と両腕が入っており、県警捜査1課は死体遺棄事件とみて同署に捜査本部を設置した。調べでは、死体は女性で死後数か月が経過しているとみられ、年齢は特定できないという。現場は東富士五湖道路の山中湖インターから静岡方面に約2キロの地点。近くの調節池造成のため、測量をしていた作業員が道路のフェンス越しにポリ袋を見つけた。

    また、現場近くで伐採をしていた作業員によると、袋は3月中旬からあったが、中を確認しなかったという。捜査本部は道路から投げ捨てた可能性もあるとみている。

    翌日9日には、富士吉田署捜査本部が現場周辺の捜索を行い、北西に約8キロ離れた同じ道路脇で人骨の一部を発見した。捜査本部によると、頭部と両腕が見つかったのと同じ下り車線側。一部白骨化しており、衣類やビニール袋も散乱していた。  

    その後の司法解剖の結果、死体は女性と断定。40-55歳で、首と肩が刃物で切断されていたが、ほかに目立った外傷はなかった。死因は不明。またDNA鑑定の結果、日本人を含めアジア系に多い遺伝子型であることが判明。捜査本部はアジア系外国人の可能性もあるとみて似顔絵入りのポスターを作製、ポスターに日本語や韓国語など計5カ国語を記載し、情報提供を呼び掛けているが現在も身元は特定されていない。 

    女性の遺体は発見時に損傷が激しく、これまで似顔絵を作成していなかった。今回の似顔絵は、東日本大震災で身元不明遺体の似顔絵作成を担当した元宮城県警似顔絵捜査員の安倍秀一さんに作成を依頼。安倍さんは遺体の写真を基に似顔絵を描いたという。

    <山梨県警ホームページ>
    東富士五湖道路における死体遺棄事件
    歯科医師の先生方へ捜査協力のお願い(※歯型写真の掲載あり)

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system