日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    堀切四丁目荒川河川敷内男性死体遺棄事件(2012年10月)

    2012年10月25日午後8時半ごろ、東京都葛飾区堀切4丁目の荒川河川敷で、「人の遺体のようなものがある」と釣りに来た男性から110番があった。駆けつけた警視庁葛飾署員が腐乱した遺体を発見。遺体は頭と足からそれぞれ計5、6枚の黒いポリ袋がかぶせられており、腹部に複数の刺し傷があった。膝を折り曲げるような姿勢で、体の大部分がポリ袋に入っており、手足にはひもが巻かれていた。遺体は川の水が引いたところに打ち上げられていたが、死後相当期間が経過しているとみられた。警視庁捜査1課は何者かが遺棄したとみて、死体遺棄事件として捜査を始めた。

    DNA型鑑定の結果、遺体の身元は東京都足立区西保木間、無職、辺見義光さん(当時62歳)であることが判明した。司法解剖の結果、死因は腹部を刺されたことによる失血死とみられる。着衣や所持品はなかった。

    辺見さんの長男(35歳)によると、辺見さんは足立区の団地で10年ほど一人暮らしをしていた。2011年の9月以降、男性の親族が郵便受けに新聞がたまっているのを不審に思い部屋の中を確認し、行方不明になっていることに気づいたため、2012年1月に葛飾署に届け出た。玄関は施錠されており、室内に争った形跡はなかった。

    現場は東武伊勢崎線堀切駅近くで、緑地や野球場がある河川敷。

    その後の調べで、新たな目撃情報があることが分かった。2012年10月18日午前0時ごろ、発見現場の葛飾区堀切の河川敷から上流に約4キロさかのぼった西新井橋(足立区本木)から、大きな物が川に落ちて水しぶきが上がったのを近くで釣りをしていた男性が目撃。何かは分からず、不審な人物にも気付かなかったという。 橋から水面までは約10メートル。ここから投げ込まれた遺体が下流の現場まで流されたものとみている。

    <警視庁ホームページ>堀切四丁目荒川河川敷内殺人・死体遺棄事件

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system