日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    大阪市西成区うどん店店主殺人事件(2012年4月)

    平成24年4月23日午前5時45分ごろ、大阪市西成区萩之茶屋3丁目3番24号のうどん店「うどん・そば大国屋」で、店主の奥川信一さん(当時51歳)が血を流して倒れているのが見つかった。奥川さんは胸や背中を数カ所刺されていたほか、左手親指が切断され、搬送先の病院で死亡した。約1時間前には不審な男が目撃されていた。奥川さんは1人で店を経営していたといい、事件当時1階のシャッターは閉まっていたという。

    発見者は、食材を配達した60代の男性。奥川さんは調理台にもたれ掛かるような格好であおむけに倒れていたという。また、午前4時50分ごろには、散歩中の住民が店の前で奥川さんとやりとりする中年ぐらいの男を目撃し、約10分後に物音や悲鳴のような声がして、店から出てきた男が自転車で走り去ったという。男の様子は付近の防犯カメラにも写っていた。凶器の刃物は見つかっていない。不審な男が十字路のところで待ちぶせし、奥川さんが来たところを話しかけて、奥川さんが店に入った瞬間に後ろからついていったという話もある。

    犯行現場は、昼間は人通りの多い繁華街だが、大阪市西成区は治安の悪い場所といわれている。

    その後、大阪府警はうどん店のある商店街の防犯カメラに映っていた男の画像を公開した。画像の男は午前4時20分ごろ自転車でうどん店を訪れ、いったん離れた。同47分ごろ、奥川さんが阿倍野区阪南町にある自宅からうどん店に出勤。男はその約1分後、店に入ったという。男は30~50歳くらいで、身長165~170センチ。黒っぽい上下に、黒っぽい折りたたみ自転車に乗っていた。

    <大阪府警ホームページ>大阪市西成区内の飲食店における店主に対する殺人事件

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system