日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    三重県松阪市男性死体遺棄事件(2012年3月)

    平成24年3月11日、三重県松阪市飯南町の山林で男性の遺体が見つかった。警察の調べで、遺体は神戸市垂水区向陽3の鉄筋工、一瀬敦さん(当時32歳)と判明。司法解剖の結果、死因は外傷性脳障害で、死後3~4カ月たっていた。頭蓋骨を骨折していたほか、靴が見つかっていないなどの状況から死体遺棄事件と断定した。また背中や腰などに複数の打撲痕があったが、山林で転んでできる程度の打撲痕ではなく、裸足で山道を歩くことも考えにくいため、何者かが一瀬さんを車ではね、そのまま遺棄したとの見方を強めている。

    一瀬さんは平成23年10月から松阪市内の寮に住み込み、津市内で働いていた。翌月に、帰省先の神戸市垂水区から松阪市の仕事場の寮に戻る途中に行方不明になっており、一瀬さんの家族は兵庫県警垂水署に捜索願を提出、携帯電話のGPS機能を使った捜索を要望した。しかし兵庫県警は、家族から6回捜査の依頼があったものの、「緊急性が見当たらない」として、事件としての特別な捜査を始める手続きは行っていなかった。

    遺体は国道368号から約5メートル入った松阪市飯南町上仁柿の山林で発見され、うつぶせの状態だったという。携帯電話が見つかり、所持金は約1300円だった。複数の打撲痕があった。この国道は、車1台がやっと通れるくらいの幅。平日はほとんど車が通らず、夜間はさらに交通量が少なくなるが、週末は一転してバイクが頻繁に通る。

    一瀬さんは平成23年11月20日午後6時ごろ、帰省先の実家をあとにし、JR垂水駅に行ったところで消息が途絶えた。その際、勤務先に連絡を入れ、松阪市内の寮に戻ると伝えていたが、戻らなかったため会社が家族に通報した。松阪市の近鉄伊勢中川駅から、徒歩で寮に帰るまでの間に事件にあったと見られている。一瀬さんはおとなしい人柄で、トラブルなどもなかったという。その後の調べで、県道近くに一瀬さんが持っていたとみられるドライヤーや漫画の本などが見つかった。

    松阪署は平成25年11月20日、松阪市嬉野中川新町の近鉄伊勢中川駅で、情報提供を呼びかけた。配布したチラシには一瀬さんの黒色のダウンジャケットの写真を新たに掲載した。このダウンジャケットは兄の証言から当時、着用していたとみて同種品を割り出したもの。これまで約40件の情報が寄せられていたが、平成25年に入って2件に激減したという。

    <三重県警ホームページ>松阪署からのお願い[pdfファイル]

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system