日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    埼玉県加須市金物店放火殺人事件(2012年6月)

    2012年6月26日午前4時ごろ、埼玉県加須市中央1丁目15番地9の「有山金物店」の店舗と住宅が全焼し、この家に住む無職、有山春蔵さん(77歳)と妻の幸枝さん(76歳)が遺体で発見された。有山さん夫妻には刃物によるとみられる刺し傷が数か所あることが判明。司法解剖の結果、夫婦の死因は出血多量による失血死で、火災発生時にはほとんど呼吸をしていなかったことが判明した。このことから、夫婦が就寝中に犯人に刺され、死亡後に自宅を放火されたとみられる。

    この放火殺人事件では、同居していた長男(48歳)も胸を刺されて重傷を負った。長男の胸にあった複数の刺し傷の中には、心臓に達するほど深いものもあったが、命に別条はなかった。

    有山さん一家の自宅兼店舗は敷地400坪の広大な敷地にあり、地元では周辺に土地を所有する資産家として知られている。春蔵さんが病気で倒れ、7年ほど前に金物店は閉店。長男は自宅の裏手で「蕾丸(らいまる)」という飲食店を経営していた。店の事業拡大のため、会社登記を最近おこなったばかりだった。 

    捜査本部は、重傷を負い入院中の長男に事情聴取したところ、「室内に侵入した男に刃物で刺された」という趣旨の説明をしていることが分かった。長男の説明によると、事件当日夜、春蔵さんと幸枝さんは友人らと長男の店で会食し、自宅に戻った。火の手が上がる数時間前の6月26日午前1~2時ごろ、長男は飲食店を閉めて帰宅。自宅1階で眠る春蔵さんと幸枝さんに声はかけず、自室の2階に上がった。両親の様子は見なかったという。

    間もなくすると隣室から物音がしたため、ふすまを開けると、男が立っていた。押し問答になり、男の肩をつかんだが、刃物で胸を複数回刺され、気を失った。その後、「パチパチ」と物が燃える音で意識を取り戻し、火災に気付いて2階の窓から階下へ逃げ出した。当時は下着1枚の状態。胸を刺され息も絶え絶えだったが、自家用車のライトをつけ、駆けつけた消防隊に合図を送り、助けを求めた。

    長男の説明では、長男を刺した犯人は男で大柄。黒いマスクかタオルを顔に巻いていた。部屋が暗く、顔は見えなかったが、少なくとももう1人、犯人とみられる人物の姿を見たという。

    現場の捜索では、現場1階の台所などから複数の刃物が見つかった。ただ、夫妻の刺し傷と明確に一致する凶器は発見されていない。また、住宅は火災で激しく焼け落ちているため、事件当時の施錠状況や犯人の侵入経路などは特定に至っていない。金品が奪われた形跡はなく、夫妻名義の金融機関の口座などから現金が引き出された形跡もないことから、押し入った犯人の目的も不明確だ。

    捜査本部は、現場周辺を通ったことがある新聞配達員や運送業者などにも事情を聴いたが、有力な目撃情報などは得られていない。また、一家の周辺に目立ったトラブルも確認されていない。

    なお、長男は2013年2月、警察の事情聴取後に自殺している。

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system