日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    (注)このページの文章には、一部猟奇的な表現が含まれています。

    兵庫県千丈寺湖コンクリ詰め殺人事件 (2011年2月)

    2011年2月14日午前11時ごろ、兵庫県三田市小野の千丈寺湖で釣りをしていた男子高校生(16歳)が、コンクリート詰めにされた人骨のようなものを見つけ、110番通報した。県警は人の頭の骨と断定し、殺人と死体遺棄容疑で捜査を開始した。

    県警によると、コンクリート片は千丈寺湖の東端にある黒郷橋の北詰付近で見つかり、縦約35センチ、横約26センチ、高さ約17センチの直方体。コンクリートの一部が壊れて、目や鼻のような部分が見えていた。首や左足の骨も見つかった。コンクリートの状態から、死後1~5年が経過しているという。渇水の影響で普段より水位が下がったため、護岸の斜面にあったコンクリート片が水上に出てきたとみ られる。頭蓋骨のようなものは、ほぼ白骨化しており、表面が茶色に変色。性別なども判別できない状態だった。(のちに男性と判明)

    湖を管理する県宝塚土木事務所などによると、コンクリートが発見された場所は普段は水中だが、昨年末以降の少雨で水位が満水時に比べて約4.5メートル下がっていたという。発見現場の真上には橋があり、県警は上から落とした可能性もあるとみている。

    現場はJR新三田駅の北約2.5キロの山間部。近隣住民によると、日中は釣り人が訪れるものの、夜間は人通りがないという。近くに住む男性は「約15年前に一度、渇水があったが、普段は水量も多い。現場付近は夜間真っ暗で、誰かがいてもわからない」と話していた。

    その後も遺体の身元が判明しなかったため、県警は頭蓋骨などを基に男性の顔を立体的に復元し、報道陣に公開。写真の入ったチラシを全国の警察に配布し、情報提供を求めた。複顔は特殊メークを手掛ける神戸市の会社に製作を依頼。顔は粘土製で、一部残っていた頭髪などから髪形や眉毛も再現した。県警によると、男性は30~40代で身長145~165センチ。小顔で歯並びが悪いのが特徴。血液型はAB型。

    千丈寺湖はダム上流にそびえる千丈寺山をはさみ、青野川と黒川の二つの川が流れ込んでいる。付近は周回する市道に多くの公園が整備されており、家族連れなどの憩いの場として親しまれ、釣りやバーベキューなどのアウトドアで多くの人に利用されている。近年は利用者によるごみの放置、エンジン付きボートによる水の汚染、釣り糸・釣り針の放置、迷惑駐車、バーベキュー後の火の始末などによる火災が後を絶たず、ダム周辺の環境が悪化している。

    <兵庫県警ホームページ>三田市千丈寺湖における男性死体遺棄事件

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system