日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    北海道鹿追町老人ホーム殺人事件(1997年6月)

    1997年6月3日午前0時半頃、北海道鹿追町の特別養護老人ホーム「しゃくなげ荘」で、入所者の無職、沼倉忠さん(当時80歳)が個室のベッドの上で仰向けに倒れ、首から血を流して死んでいるのを施設職員の女性(当時25歳)が発見した。沼倉さんは左の耳下からのど元にかけて頸動脈を鋭利な刃物で切られていた。傷口は長さ5センチ、深さ1センチで、司法解剖の結果、死因は頸動脈切断による失血死だった。死亡推定時刻は午前0時前後とされた。凶器は見つかっていない。室内には争った跡もなく、物色されたあともなかった。枕元には緊急呼び出し用のブザーがあったが、使われておらず、就寝中に一気に刃物で切られたと見られている。発見時は布団が胸までかけられていた。  

    老人ホームでは外部からの侵入口となる玄関や非常口など4か所ある出入り口は施錠されており、定期的に点検もしているが、施設内の廊下から沼倉さんの個室にかけての入り口にはドアがなく、中をのぞけないようにアコーディオンカーテンで仕切られているだけだった。個室の窓は施錠するようになっているが、沼倉さんは忘れることが多かったという。事件発生時にもこの窓は開いたままになっていた。

    さらに窓枠や室内から枯れ草のついたアメリカ製の高級スニーカーの足跡が数個見つかったことから、犯人は窓から侵入した可能性が高いと見られている。また、施設の外から沼倉さんの部屋の前の廊下を見渡せる場所にあった非常口のひさしには手を掛けたような跡が見つかった。犯人はここから犯行のタイミングを伺っていたと見られている。  

    老人ホームでは夜間は職員2人と警備員1人の計3人の体制で仮眠を取りながら交代で部屋を巡回している。6月2日午後11時に職員が施設内を見回ったときには異常はなかった。沼倉さんは事件の起きる8年前の1989年11月から入所。足に障害があり、歩行には歩行器を使用していた。1日中ベッドの上に横たわっていることも多く、認知症の症状も進んでいたという。

    事件前の5月12日にも、沼倉さんは左目の下から血を流して2針縫う大けがをしていた。沼倉さんは「30歳くらいの男にやられた」と話していたが、老人ホームでは認知症も進んでおり、歩行も困難なことから何かにぶつけて出来た傷と判断して警察には届けなかった。遺体発見後に遺体がすぐに病院に運ばれ、現場が荒らされたこともあり、捜査が難航する原因になっている。殺害現場となった沼倉さんの部屋は、現在も発生時のまま立ち入り禁止となっている。  

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system