日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    千葉・茂原市宮司殺人事件(1999年8月)

    1999年8月2日、千葉県茂原市にある金刀比羅神社の宮司、鵜沢秀胤さん(当時56歳)が神社駐車場の草むらで腹部や背中など数か所を鋭利な刃物で刺され死亡しているのを、出勤途中の鵜沢さんの弟で長生消防本部職員の良さん(当時52歳)が発見し110番通報した。鵜沢さんはうつぶせの状態で死んでいた。
    司法解剖の結果、死因は背中を刺されたことによる失血死だった。現場は、JR茂原駅から約500メートル離れた市街地。

    警察の調べによると、鵜沢さんは外出着でグレーの縦じまの甚平姿だった。帰宅直前に被害にあったらしく、近くに自分の自転車が倒れ白いサンダルが飛び、煙草とライターの入った黒い小さなポーチがあった。財布は無くズボンのポケットに小銭(220円)が残されていた。

    被害者の鵜沢さんは前日の8月1日午後6時過ぎ、次女に「出かけてくる」と言い残して自転車で外出。JR茂原駅前の居酒屋で知人16人と飲み会に参加した。午後8時半ごろ1人で居酒屋を出て2日午前1時頃まで、近くにある外国人のいるフィリピンパブでカラオケなどをしていたという。代金の18,500円をポケットから20,000円出して払い、店を出た。隣に住む弟の良さんが出勤途中に発見する午前8時頃までの間の足取りは不明。

    鵜沢さんは事件の12年前に妻に先立たれ、長女(当時27歳)、次女(当時25歳)の3人暮らし。神社は戦前に創建され、鵜沢さんは父の跡を継いで2代目を務めていた。鵜沢さんは事件の前年8月24日午前1時10分頃にも、今回同様にフィリピンパブでカラオケを楽しんだのち、自宅前で襲われ現金30万円や印鑑の入ったポシェットなどを奪われている。

    また、1993年には自宅脇の敷地が市道用用地として買収され約4億1千万円の売却益を得ている。前年にも自宅周辺の土地を売却し、大きな利益を得ている。近隣でも、普段から数十万単位の現金を持ち歩いていることで有名だったという。フィリピンパブの女性には「たくさんのお金があるから貸しているんだ」と話し、知人にも「100万円単位で金を貸すのでいつでも言ってくれ」と話しており、警察では金銭トラブルによる犯行と見ている。  

    <千葉県警ホームページ>茂原警察署-情報をお寄せ下さい

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system