日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    山一証券顧客相談室長殺人事件(1997年8月)

    1997年8月14日20時20分頃、東京都大田区西の山一証券監査部顧客相談室長の樽谷紘一郎さん(当時57歳)が右胸や右腹、背中の3か所を刃物で刺され、苦しみながら歩いているのを通行人に発見されたが、まもなく死亡した。倒れていた場所から50メートル離れた駐車場で大量の血痕があったことから、駐車場が犯行現場と断定された。

    夏休み明けで仕事に復帰したばかりだった樽谷さんは19時まで東京都中央区の山一証券本社で残業した後、同僚と品川駅で別れた。帰宅の途中で人目に付きにくい駐車場を通過した時に待ち伏せした犯人に襲われたものと見られている。
    襲われた現場から樽谷さんが歩いた方向とは別の方向に、犯人が逃げる際に残したと見られる血痕が30メートルにわたって残っていた。 樽谷さんの財布の14万円が残っていたことから、金銭目的ではなく怨恨目的の観点から捜査を開始した。

    樽谷さんは山一證券に対する苦情を処理する担当であり、株で損したといった顧客と直接接触する場面もあった。山一証券では幹部の住所を公開していないので、犯人は念入りに計画を持って犯行に及んだ可能性がある。

    捜査の過程で1978年から1億円を越える資金を投資していて株運用で損したことを理由に山一証券に苦情を申し入れていた元顧客であった無職の男(当時63歳)が重要参考人として浮上。この人物は現場で目撃された不審な車に酷似した車を借りていたが事件翌日に返却していたり、この男に似た人物が現場付近で目撃され、「顧客相談室長の住所はわかっている」などと事件前から脅していたことが判明しているが、犯人だとする決定的な証拠がなかった。

    樽谷さんの事件があったのは山一証券が総会屋に利益供与した問題が浮上していた時期で、1か月前には本社が東京地検の家宅捜索を受けていたが、事件から2ヶ月後の1997年10月に山一証券の顧問弁護士夫人が殺害される事件が発生。その7日後に顧客相談室長殺人事件で重要参考人とされていた男が弁護士夫人殺害容疑で逮捕された。

    男は当初は否認していたが、アリバイ工作が露見すると顧問弁護士夫人の殺害を自供。無期懲役判決が下ったものの、顧客相談室長事件については容疑者の逮捕・立件に至っていない。

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system