日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    板橋資産家夫婦放火殺人事件(2009年5月)

    2009年5月25日午前0時半ごろ、東京都板橋区の民家から出火し全焼。現場から不動産賃貸業、瀬田英一さん(当時74歳)と妻の千枝子さん(当時69歳)の遺体が発見された。

    調べによると、犯人は24日午後11時ごろから25日午前0時過ぎまでの約1時間に侵入したものとみられている。 また、離れの玄関付近で灯油を入れるポリタンクが燃え残っていたことも新たに判明。捜査本部は犯人が2人を殺害後、このポリタンク内の灯油をまいて火を付けた可能性が高いとしている。瀬田さん宅は約1年分の灯油を買いだめしてポリタンクに入れ、離れに隣接する倉庫などに保管。一部は離れ玄関付近のたたき部分に置き、石油ストーブの燃料として使っていたという。

    瀬田さんは地元では有名な資産家として知られた人物であり、アパートや土地など約80物件を所有しており、不動産関連の収入で生活していた。「自宅から池袋までの3、4キロを他人の土地を踏まずに行ける」というほど。瀬田さんは毎晩のように夜の街にくり出し、一晩に100万を使ったこともあった。その一方で、昼は引きこもって電話に出ないこともあり、近所付き合いは少なかった。人が尋ねてきても応じることはなく、近所の住民は連絡を取るために、 ファクスを送ったり、手紙をポストに入れるなどしていたという。

    2人の遺体は頭を鈍器のようなもので何度も殴られた上に胸や腹を刃物で刺されており、防御創がほとんどなかった。瀬田さんが普段外出で着用するネクタイやワイシャツ姿でなかったことから、室内で襲われた可能性がある。

    用心深い性格だった瀬田さんは、常に敷地の4カ所の出入り口を施錠し、他人を敷地内に入れることは滅多になかったという。出入り口には赤外線センサーが設置され、人が出入りすれば室内にいる人間に音で知らせる仕組みになっていた。

    千枝子さんは板橋区内のパチンコ店に24日午後10時45分の閉店ごろまでいたといい、その後自分の車で帰宅。瀬田さんは火災があった25日未明に豊島区の飲食店に行く予定になっていた。

    不動産関係者らの話によると、瀬田さんは数年前、自分が所有していた 自宅近くの土地について、借り主から「暴力団関係者が転売目的で買いた がっている」との話を聞き、「あんなやつらに売るか」と拒否。暴力団関係者が 瀬田さんを脅すなどトラブルになったことがあったという。

    知人の男性の証言
    「一見では間違いなく、あの家には入れない。瀬田さんが招き入れる人間は限られている」

    知人の女性の証言
    「友人が少なく、私生活で恨みを買うことはないように思う。ただ、『お金(現金)が家にある』なんてことは、あまり言わない方がいいとは思っていたが…」

    <警視庁ホームページ>板橋区弥生町所在の住宅内殺人及び放火事件

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system