日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    愛知県蟹江町母子3人殺傷事件(2009年5月)

    2009年5月2日午後0時20分頃、愛知県蟹江町蟹江本町の山田喜保子さん(当時57歳)方で、ケーキ店店員の次男雅樹さん(当時26歳)が1階和室で倒れて死亡しているのを雅樹さんの上司が見つけた。この上司は雅樹さんが出勤しないのを不審に思い、警官と一緒に訪ねていた。雅樹さんは背中を刺されており、間もなく死亡が確認された。三男勲さん(当時25歳)も手をコードで縛られた上、首を刺されるなどして2週間のけがを負った。

    さらに、翌5月3日には母親の喜保子さんの他殺体が発見された。喜保子さんは1階玄関西側の和室の押し入れ下段で見つかった。体の前面を奥に向け、頭を東側にして斜め上を見るようにして倒れていたという。上から毛布が掛けられていた。着衣は肌着1枚だけだったという。

    司法解剖の結果、2人の殺害時刻を5月1日午後9~10時頃としている。
    生存した三男の勲さんによると、2日午前2時ごろに帰宅し、靴を脱いでいる時に背後から強い衝撃を受け、男ともみ合ううちに手を縛られ気を失ったと語っている。勲さんは自分を襲った人間について「外国人のようなイントネーションの日本語を話していた」だったと話しているが、顔については覚えていないと語っている。

    その後の捜査から、犯人が山田さん宅に長期間滞在しており、用意されていた食事を食べた形跡や血のついた自分の衣類を洗濯機で洗った形跡があること、飼い猫まで惨殺する手口など不可解な行動が明らかになっている。

    また、犯人が捨てていった血のついたパーカーが遺留品として公開されている。サイズはLLサイズで全国で2003年から2004年にかけて、約450点販売されており、洗濯をせずに長期間着ていた可能性がある。家の1階廊下で見つかった喜保子さん殺害の凶器とされるスパナは国内で約3000本が流通しているが、工場に納入されるもので小売店で扱っていない物であった。

    食事に残っていた唾液から犯人の血液型はO型であると判明しており(一家にO型の人間はいない)、個人を特定する指紋も検出されているが、犯人の特定には至っていない。

    2009年12月9日に捜査特別報奨金制度に指定された。
    -----------------------------------------------------------------------------------------
    2012年12月7日、別の自動車窃盗事件で逮捕されていた中国国籍の男(29歳)のDNAが本件の遺留品と一致したため、強盗殺人および強盗殺人未遂の疑いで逮捕された。 動機については「生活に困っていた」と供述し、ひったくり等で金を得るため当時住んでいた三重県から名古屋市へ向かったが、都会の雑踏で犯行を断念し、戻りの急行電車が最初に停まった近鉄蟹江駅で降りたという。

    空き巣狙いに切り換えて周辺を物色していたところ、被害者宅に飼い猫が入っていく様子を目撃し、玄関が施錠されていないことに気付いて侵入先に選んだ。凶器のスパナや小刀は事前に準備していたとみられ、「侵入し、見つかったら殺すつもりだった」と述べているという。 三男のみ生存させたまま長時間滞在した理由は「命乞いされたため」と話しており、金のありかを尋ねたり血のついた衣服の洗濯など証拠隠滅を図る間に言葉を交わしたりするうち、殺害をためらうようになったと見られる。

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system