日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    代々木一丁目書店事務所内強盗殺人事件(2007年12月)

    2007年12月10日、午後9時ごろに、代々木一丁目の商業ビル3階にある『金港堂書店』の事務所内で、従業員の磯島護さん(当時51歳)が、倒れているのを同店社長が発見。ビルにいた社長の家族が、薄緑色の目出し帽のようなものをかぶり、灰色のジャンパーを着て逃走する不審な男を目撃していた。

    磯島さんは、頭を鈍器のようなもので殴られており、13日後に死亡。事務所内にあった現金約9万8千円入りの手提げ金庫がなくなっていた。
    磯島さんはが閉店後、書店から約20メートル離れた事務所に金庫を運び入れた直後、犯人に襲われたとみられている。  

    原宿署捜査本部は、書店の従業員が普段から閉店後に金庫を運んでいたことや、事務所があるビルの3階には、外側から暗証番号を打ち込んで開ける扉があることなどから、内部事情に詳しいものの犯行とみている。

    2008年12月、警視庁は公的懸賞金制度の対象事件に指定した。

    <警視庁ホームページ>代々木一丁目書店事務所内強盗殺人事件

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system