日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    加古川小2女児殺害事件(2007年10月)

    2007年10月16日午後6時頃、兵庫県加古川市の市立別府小学校2年生鵜瀬柚希(うのせ・ゆずき)ちゃん(当時7歳)が公園から帰宅して、自宅の東側に自転車を置いて家に入ろうとした時に自宅前で刺される事件が発生。
    家に居た家族4人が柚希ちゃんの悲鳴を聞いてすぐに駆けつけたが、すでに犯人の姿はなかった。

    柚希ちゃんには正面から胸と腹部の計2か所に刃物で刺された傷があり、午後6時8分に119番通報で駆けつけた救急隊が現場に到着。搬送中に救急隊員が犯人について尋ねた際に、柚希ちゃんは薄れていく意識の中で「大人の人…男…」と答えた。午後7時45分、女児の死亡が確認された。

    玄関は生活道路に面しており、道幅も約4メートルと広くないが、東西に真っすぐ延びており、見通しは悪くない。向かいには別の住宅がある。植え込みはあるが、人目を避けるのは極めて難しい。県警加古川署の捜査本部は「跡をつけたにしても、待ち伏せしたにしても、わざわざ自宅前を選んだ理由がわからない」といぶかる。

    また、「大人の男」という柚希ちゃんのダイイング・メッセージについては「犯人が女児の顔見知りならこのような言い方はまずしない。見ず知らずの人間か、犯人が一方的に柚希ちゃんを知っていた可能性がある」と分析している。

    その後、現場西側に住む女性が犯行時間帯に路上を見ていたものの不審人物を確認していなかったことが分かった。現場は東西に伸びる市道に面しており、西方向に犯人が逃げた場合、女性が見逃す可能性は低く、加古川署捜査本部は犯人が柚希ちゃんを刺した後、東方向へ逃げた可能性が高いとみている。

    調べでは、女性宅は、柚希ちゃん宅前の市道沿いの西側約20メートルに立地。女性は事件当日の16日午後6時ごろ、息子を病院へ連れて行くため、市道に面した車庫から乗用車を出そうとしていた。しかし、向かいの住民が利用する福祉施設の車が路上に止まっていたため、自分の車を出すことができず、自宅から5分間ほど市道方向を眺めていたという。
    路上の車が動いたため、自分の車を出そうと女性が玄関を出た直後に事件が発生。柚希ちゃんの悲鳴や、次いで柚希ちゃんの母や祖母らの叫び声なども聞こえたというが、家の前の市道を不審な人物が通ることはなかったという。  

    現場から女性宅までに市道からの抜け道はないが、東側には北へ抜ける路地があるほか、身を隠せるような空き地なども点在する。  女性も含め、事件前後に外へ出た柚希ちゃんの家族や付近の住人らが、車やバイクのエンジン音を聞いておらず、捜査本部は犯人が徒歩や自転車でいったん東方向に逃走、その後、路地に沿って東か北に逃げたとの見方を強めている。

    <兵庫県警ホームページ>加古川市における小学生女児殺人事件

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system