日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    函館市タクシー運転手強盗殺人事件(2006年12月)

    2006年12月21日午前7時10分頃、函館市港町3丁目にある、港町荷揚場に乗り捨てられている有限会社しんわ交通のタクシーを発見され、トランク内からうつ伏せの状態で同交通のタクシーの運転手、八木橋朋弘さん(当時42歳)の遺体が見つかった。遺体には刃物で胸などを刺されており、タクシー内にあった売上金はなくなっていた。

    さらにこの場所から約15キロメートル離れた亀田郡七飯町字峠下の路上では、八木橋さんの血痕や携帯電話などが見つかった。

    【タクシーの走行記録】衛星利用測位システム(GPS)の解析などから判明
    ・午前3時50分ころ
    北斗市七重浜1丁目付近で客を乗せ国道227号線(大野新道)を亀田郡七飯町方向に走行  

    ・午前4時5分ころ
    亀田郡七飯町字仁山付近で空車、その後、同所から亀田郡七飯町字峠下など周辺を走行(約15分間)  

    ・午前4時20分ころ
    亀田郡七飯町字峠下102番地で停車(同所で八木橋さんの血こん、携帯電話などが発見されている)  

    ・午前4時25分ころから午前4時55分ころ
    亀田郡七飯町字峠下102番地から、国道227号、国道228号線を経て函館市内方向に走行し、4時55分ころ、函館市港町3丁目で停止

    このことから、遺体は犯人が函館市港町の函館港岸壁まで運んだ可能性が高い。 捜査本部は引き続き「最後の客」の洗い出しに全力を挙げているが、目撃情報や凶器、遺留品など物的証拠が乏しく、犯人像の絞り込みにまでには至っていない。

    <北海道警ホームページ>タクシー運転手強盗殺人事件

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system