日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    愛知・大当郎地内老夫婦被害強盗殺人事件(2006年6月)

    2006年6月8日午前10時5分ごろ、名古屋市中川区大当郎3丁目の無職、西垣徳市さん(当時81歳)宅で、西垣さん夫婦が1階和室で縛られているのを訪ねてきた弟が発見、110番通報した。2人とも殴る、蹴るの暴行を受けたらしく、西垣さんは大怪我をしており、妻の八重子さん(当時80歳)は既に死亡していた。 西垣さんの胸や腹には数ヶ所の打撲があり、肋骨5本が折れていた。また、脱水症状のためにひどく衰弱していた。

    司法解剖を行った結果、八重子さんは肋骨が複数折れ、胸などには打撲による皮下出血が認められた。だが、死因は特定できなかった。 その後の捜査により、犯行は単独ではなく複数人のグループによるものと判明する。 犯人らは5日夜から6日未明にかけて、1階の風呂場にある高窓から侵入し、犯行におよんだ。高窓のアルミ製の格子は、工具によってねじ曲げられ、人が通り抜けられる程度の穴が開いていた。 犯人らは就寝中だった西垣さん夫婦を突然襲った。

    西垣さんは「眠っていたら、犯人にいきなり馬乗りにされ、目隠しされた」と話している。2人は布製の粘着テープで目と口をふさがれたあと、暴行され、手足を縛られた。 犯人らは執拗に室内を物色したらしく、引き出しや押入れの中がひどく荒らされており、家具も動かされていた。1階の和室には複数の預金通帳が散らばっていたが、手がつけられていなかった。 西垣さんが所有していた複数の腕時計や金杯などの物品を残したまま、犯人らは財布から現金数十万円を奪って逃走したものと思われる。

    現場は近鉄名古屋線伏屋駅の南約1キロの閑静な住宅街。 この地区ではここ数カ月の間に空き巣被害が数件発生しており、住民の間で「いつかこんな事が起こるのではないかと不安に思っていた」と話していたという。

    住民の話では、西垣さんは昨年まで、現場から東に200メートルほど離れた庄内川沿いの一軒家に住んでいたが、堤防の改修工事で立ち退いて今の住居に移ったという。子供が1人おり、近くに田畑などの土地を数カ所所有。趣味もかねて農業を営んでいたといい、夫婦で楽しそうに作業する姿が見られたという。とれた野菜を近所に配るなど、世話好きだった。

    第1回捜査特別報奨金制度の対象事件。

    <愛知県警ホームページ>中川区大当郎地内老夫婦被害強盗殺人事件

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system