日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    堺市西区神野町における母娘殺傷事件(2006年1月)

    2006年1月10日の午後2時50分ごろ、弁理士の沢喜代治さん(当時58歳)方で、妻の真喜子さん(当時51歳)が玄関で男刺される事件が発生した。 真喜子さんが玄関に向かった直後悲鳴が聞こえたため、娘のやす子さん(当時21歳)が駆けつけると、真喜子さんに若い男が刃物を振りかざしている姿が見えた。男はやす子さんにも切りつけてきたため、やす子さんはトイレに逃げ込んだが、真喜子さんは男に追いかけられ、家の中を逃げ回っていた。

    やがて音がしなくなったため、やす子さんはトイレから出たところ、玄関先で血だらけになっている母親を見つける。やす子さんはすぐに鍵をかけて119番通報した。真喜子さんはすぐに病院に運ばれたが、1時間後に出血多量で死亡。首や顔などに7~8ヶ所の刺し傷があり、傷は動脈まで達していたという。やす子さんは警察に「知らない男だった」と話している。

    凶行が行われたのは、昼間の住宅街。殺人鬼は返り血を浴びたまま逃走したと思われる。 庭には犯行に使われた刃渡り約17cmの包丁が落ちていた。警察が調べたところ、100円ショップで売られている商品であることが判明。さらに犯人は、刃と持ち手の間に粘着テープを何重にも巻く細工をしていた。これは強く刺した場合に自分の手に傷がつかないようにするためと思われる。粘着テープからは複数の指紋も採取された。

    もうひとつ、忘れ物があった。犯人のものと思われる短パンである。布に付着した垢からDNAが採取され、AB型と判明した。 また、その後の調べで2人の傷が体の右側に集中していることから、犯人が左利きである可能性が高いと判断された。

    事件が起きる以前から、この地域では、刃物を持った男がしばしば目撃されていた。その話を聞いて、真喜子さんの家族もおびえていたという。

    【犯人の特徴】
    ・20~30歳代くらい
    ・身長約170cm程度
    ・痩せ型
    ・ボブカット
    ・色白、ひげが濃い
    ・頬がこけている

    <大阪府警ホームページ>堺市西区神野町(こうのちょう)における母娘殺傷事件

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system