日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    広島・廿日市市女子高生殺人事件(2004年10月)

    2004年10月5日15時頃、学校から戻って自宅の離れ2階で仮眠をとっていた高校2年の北口聡美さん(当時17歳)が、侵入してきた男に刃物で左胸ほか10ヵ所近くを刺され出血多量で死亡した。
    悲鳴を聞いて祖母が母屋から駆けつけたが、男は祖母にも襲いかかり、背中や腹を10ヵ所ほど刺してその後逃走。祖母と一緒に母屋にいた妹は、「助けて、助けて」と言って自宅から約30メートルの園芸店に裸足で駆け込み、 「若い知らない人にお姉ちゃんが刺された」と助けを求めた。

    離れの玄関には大量の血痕が残され、階段付近には男が2階に上がったと見られる足跡があったことから、逃げる聡美さんを玄関付近まで追いかけて刺したと見られている。聡美さんは顔に殴られた跡もなく、服も破れていなかった。部屋には争ったり物色されたりした形跡はなく、聡美さんの財布も残されていた。

    聡美さんは事件当日、午前中のテストだけで授業が終わり、午後には帰宅していたという。 犯人は聡美さんを10ヶ所近くも執拗に刺していることから、物取りではなく怨恨という線が浮かんできた。

    警察は、聡美さんの交友関係を重点的に調査し、生前の聡美さんと関わりがあったと思われる何人かの男性に事情聴取をしたが、いずれの男性も事件とは無関係だと判明した。事件は現在も未解決である。

    【犯人の特徴】
    ・年齢 20歳位
    ・身長 165cm位
    ・体格 がっちり型
    ・目が細い,当時は髪を立たせており,若干茶髪,頬にニキビ様の跡

    <広島県警ホームページ>廿日市市上平良における女子高生殺人事件

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system