日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    茨城県坂東市女子高生殺害事件(2004年6月)

    2004年6月20日午前6時50分頃、茨城県坂東市(事件当時は岩井市)の利根川沿いにある排水路脇の草むらで女子高生平田恵里奈さん(当時16歳)がうつぶせに倒れているのを車で通りかかった男性が発見した。平田さんは発見当時、意識不明の重体だったが息はしており、病院に運ばれたものの7時間30分後に死亡した。 死因は首を絞められたことによる窒息死。靴は履いてなかったが、靴下は汚れていなかった。着衣に乱れはなかったが、被害者の財布と携帯電話が無くなっていた。

    平田さんは6月20日午前0時ごろ、ファミリーレストランに1人で入店。ここで友人の女性にメールをし、友人がレストランに来ると1時間ほど食事をしながら話し、20日午前1時36分(レシートで確認)に店を出た。 その後、平田さんはレストランの向かいにあるコンビニに入り、プリペイド携帯のカードを購入しようとしたが店に置いていなかったため公園に向かった。公園では友人と二人でもう1人の知人を1時間ほど待ったが、来なかったため再びコンビニに戻り午前4時ごろ平田さんはこの友人と別れた。

    その直後の午前4時8分ごろ、平田さんはコンビニに1人で入り、「おにぎり」「缶コーヒー」「キーホルダー型工具」などを購入。この後、午前4時22分と午前4時42分に出入りしていることが防犯カメラで確認されている。 午前5時前、店員に棚の前で座り込んで携帯をいじっているのを注意され、平田さんはコンビニを出た。

    午後5時45分頃、平田さんのプリペイド携帯電話から「財布をすられたみたいなので、最寄の警察署の電話番号を教えて欲しい」と2回110番があり、警察では最寄の境警察署の電話番号を教えた。その電話から約1時間後に意識不明で倒れている平田さんが発見されることになるが、その間に平田さんの身に何が起こったのかの詳細は分かっていない。

    午前5時前に平田さんが退店したコンビニから600メートル離れた別のコンビニの前で平田さんの自転車が見つかっているが、このコンビニは深夜営業しておらず(開店は午前6時)、平田さんはこのコンビニまで移動した後で事件に巻き込まれたと考えられている。また初めに立ち寄ったコンビニでは、ナイフ付工具も購入しており、待ち合わせをしていた人物に会う前にトラブルを予想し、護身用に持っていたものではないかという可能性も考えられている。

    6月22日になって、プリペイド式携帯電話と1万円以上の課金カードを平田さんに買い与えていたスリランカ人男性(当時36歳)が警察に「携帯電話を買ってあげたのは自分である」と出頭し、不法残留だったため逮捕された。殺害の関与も疑われたがこの男性は否定し、後に犯人でないとされた。

    <茨城県警ホームページ>坂東市長須地内における女子高生被害殺人事件

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system