日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    茨城・女子大生殺害事件(2004年1月)

    2004年1月31日午前9時ごろ、茨城県美浦村舟子の清明川に、若い女性の死体が浮いているのを、散歩中の近くの男性が発見し、110番通報した。  

    江戸崎署の調べによると、女性は10代後半から20歳代。うつぶせの状態で衣服は着けておらず、上半身に外傷があった。付近で女性の服や靴は見つからず、近くのコンクリート製護岸には血痕があった。 現場は、清明川が霞ヶ浦に注ぐ河口付近で、国道125号から約500メートル離れた田園地帯。

    茨城県警の調べで、全裸水死体の被害者は茨城県稲敷郡阿見町の茨城大農学部2年原田実里さん(当時21歳)と判明した。原田さんの身体には首と左肩など3カ所に刃物で切られたような傷があり、首の傷が致命傷とみられる。左胸から腹の傷は長さ約20センチに達し、両手、両太ももに打撲痕があった。捜査本部は、原田さんの身元を隠すために、首などを切断しようとしたとの見方を強めている。  

    遺体が見つかった川岸の堤防で血痕が付いた黒いジャージのズボンが見つかり、斜面には点々と血痕が残っていた。堤防は高さ約2メートルで、車1台が通れる砂利道がある。街灯はなく、夜間は真っ暗で人通りは少ないという。

    原田さんは山口県防府(ほうふ)市に実家があり、大学入学を機に茨城県に転居し、茨城大農学部に通学していた。 また原田さんは大学で、トライアスロンサークルに所属。今年度は、日本学生トライアスロン連合(事務局・東京都渋谷区)の委員も務め、遺体発見前日の30日も、午後から渋谷区の事務局で仕事をし、午後6時ごろ、ほかの委員とJR渋谷駅で別れたという。

    原田さんは、30日午後9時ごろから、交際相手の男性(当時21歳)と2人でアパートの自室にいたこともわかった。夕食を取り、酒などを飲んだ後、男性がうたた寝をしているうちに、財布や携帯電話を残したまま外出したらしい。 男性は「午前0時過ぎに、原田さんが出ていく気配を感じた」と話しているという。 原田さんが外出する時うたたねをしていた男性は、その気配を察知したが、あえて声はかけなかった。目覚めて原田さんの書置きを読んだときも、自宅にいったん戻ったと思ったという。だが、31日午後、身元不明の遺体発見のニュースを見て、茨城県警江戸崎署に連絡をしたのだった。

    江戸崎署はこの男性に任意同行を求め、数度にわたって事情聴取を行ったが、供述に不審な点はなく、事件とは無関係として無罪放免となった。その後の捜査で、原田さんが親しくしていたもう1人の男性の存在が浮上。三角関係のもつれによる犯行との見方もされたが、この男性にも怪しい点は見られず、捜査は振り出しに戻った。

    <茨城県警ホームページ>美浦村舟子地内における女性被害殺人・死体遺棄事件

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system