日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    広島・16歳少女刺殺事件(2000年1月)

    2000年1月20日午前3時50分ごろ、広島県広島市中区西白鳥町の国道54号を横断する地下道(全長236m)内の中央付近で、無職の熊井梢さん(16歳)が血を流して倒れているのを通行人が発見した。 熊井さんは約1時間後に死亡した。司法解剖の結果、死因は出血多量だった。両腕の付け根近くの背中2か所と両太ももの裏側2か所を刺されており、背後から襲われたものと見られている。

    凶器は刃渡りが10cmほどとみられているが、見つかっていない。熊井さんの着衣に乱れはなく、財布の中の現金も残されていたため、 通り魔もしくは怨恨による犯行ではないかとみられたが、目撃証言も物証となるような遺留品も発見されていないことから、犯人検挙は非常に難しいと考えられる。

    熊井さんは現場の北側50mに自宅があり、祖母と2人で暮らしていた。事件前日の1月19日夜から20日午前3時ごろまで、JR広島駅付近の繁華街のゲームセンターや漫画喫茶などで女性の知人と遊んだ。その後、午前3時15分ごろに1人でタクシーに乗った。地下道付近で降車し、事件のあった地下道を通って道の反対側にあるコンビニエンスストアに立ち寄っている。

    午前3時30分ごろのコンビニの防犯カメラに写った映像では熊井さんは一人で、特に変わったような様子は無かった。コンビニを出て再び地下道を通過したときに襲われたと考えられている。現場はJR広島駅西1km、広島城北側に位置している。

    熊井さんは事件の直前に友人に電話で「とても大事なこと」について話すことを約束して助言を求めたという。結局この「大事なこと」の内容は分かっていない。また、熊井さんが刺された直後にたまたま友人が携帯電話をかけており、熊井さんは「痛いよ、痛いよ、血が止まらんよ」と同じ事を何度も繰り返し、友人が「どうしたん」と聞いた途端に電話が切れてしまったという。

    殺人事件から2年後の2003年1月、熊井さんの養母が詐欺事件で逮捕され、その後に有罪判決を受けた。 母親は99年3月に夫が死亡した際、熊井さんと別居していた。だが、民生委員をだまして熊井さんを養育しているとの証明書に署名させ、遺族基礎年金計約138万円を自分の口座に振り込ませたという。

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system