日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    千葉・若葉区みつわ台における強盗殺人事件(1997年2月)

    1997年2月8日午後8時50分頃、千葉県千葉市若葉区みつわ台の自宅の庭で、内村民夫さん(当時60歳)が血を流して死んでいるのを、帰宅した妻(当時57歳)が発見した。

    事件当日は休日で、内村さんが一人で自宅にいたところへ空き巣に入られて物色中の犯人に襲われて胸部を包丁で突き刺して殺害されたものと見られている。自宅の1階と2階には物色したような跡があり、空き巣強盗と見られている 。

    警察のその後の捜査によると、犯行時間は午前11時頃と見られる。 遺体には胸部に刺された後があり、近くには犯行に使用された包丁が落ちていた。 室内に血痕が残っていた事から、内村さんは自宅の中で刺され、その後庭に出て力尽きたとみられる。

    内村さんは都立高校の体育教諭で、妻と二人暮らし。 内村さんは事件の1ヶ月後に定年退職を控えていた。 周囲には「退職したらテニスや旅行、畑仕事を楽しみたい」と語っており、退職後の生活を楽しみにしていたという。

    現場は、千葉市郊外の住宅街。事件の数年前から、付近では空き巣の被害が多発していた。
    この事件は2007年5月1日、捜査特別報奨金制度に指定された。

    【犯人の特徴】
    ・年齢20歳~30歳くらい
    ・身長170cm程度
    ・丸顔、色白、頬がしもぶくれの感じ
    ・黒色帽子、黒色トレーナー上下着用

    <千葉県警ホームページ>千葉市若葉区みつわ台における強盗殺人事件

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system