日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    柴又・上智大生殺人事件(1996年9月)

    1996年9月9日の午後4時35分頃、東京都葛飾区の金町消防署に、「家が燃えている」との119番通報が入った。 火事になったのは、葛飾区柴又の会社員小林賢二さん宅。 火は約2時間後に消し止められ、消防隊員が木造2階モルタル造りの2階を調べたところ、両親の寝室で死亡している次女の順子さん(当時21歳)を発見した。 順子さんの死因は火災によるものではなく失血死だった。

    発見されたとき、順子さんは父親の布団の上で横向きに寝かされ、夏用の掛け布団を頭からかぶせられており、口と両手、両足を粘着テープ、太ももをストッキングで縛られていた。そして、鋭利な刃物で数回にわたって刺されたとみられる傷があり、さらに遺体の首には幅6cm、深さ4cmに 及ぶ傷をはじめ5ヶ所、顔には1ヶ所の刺し傷が残されていた。また、順子さんの両手には複数の傷があり、犯人に襲 われた際、激しく抵抗したものと思われる。 犯人は順子さん殺害後、1階に降りてきて返り血を浴びた衣服を着替え、手袋をはずして手を洗った。その後、1階の 東側にある部屋に火を放ったという。 そして犯人は証拠隠滅を図るために、火をつけて逃走した。逃走する前に犯人は順子さんに布団をかぶせていたため、 遺体は消失を免れていたという。 当日は朝から雨が降っており、午後には特に激しく降っていた。

    事件当日、順子さん以外の家族は全員外出していた。父親は出張、母親と姉は仕事に出かけていたという。 警察による現場検証では、預金通帳や現金など貴重品は残されたままで、順子さんのカバンの中に入っていた14万円もなくなっておらず、室内を荒らされた形跡もない。 順子さんの着衣にも乱れはなく、暴行された形跡もみられなかった。 現場には粘着テープ以外には、指紋や凶器などの遺留品は残されていない。

    順子さんは当時上智大学の4年生で、2日後にシアトル大学への留学を控えていたことから、留学を妬んでの犯行とも 想定されたが、現在も犯人は特定されていない。 また両足を縛ってあったストッキングは「からげ結び」という造園や着付け等に用いる特殊な方法で結ばれていたという。

    事件から8年が経過した04年9月9日、亀有署捜査本部は事件直前に現場で目撃された不審な男の似顔絵を公開した。 この男は、事件の起きる45分前、雨の中を傘もささずに小林さん宅の表札を見つめていたという。

    さらに事件発生から14年となる9月9月、順子さんの手足などに巻かれた粘着テープに犬の毛が付着していたことが発表された。捜査本部は犯人が犬を飼っていた可能性もあるとみている。犬の毛は数種類付着しており、愛犬家の可能性もある。小林さん宅で犬を飼った経験はない。

    なお、この事件は公的懸賞金制度の対象であり、有力な情報を提供した人に捜査特別報奨金として上限額300万円、順子さん殺人事件の捜査に協力する会による謝礼金が上限額500万円、計800万円が支払われる。

    【犯人の特徴】
    ・30代後半。
    ・身長160~165cm。
    ・黄土色のレインコートに黒っぽいズボン着用。
    【犯人の似顔絵】
    犯人の似顔絵
    <警視庁ホームページ>柴又三丁目女子大生殺人放火事件

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system