日本で起こった未解決事件をファイリングしていくサイト

     

    未解決事件ファイル

    未解決事件一覧へ戻る

    八王子スーパー強盗殺人事件(1995年7月)

    1995年7月30日、東京都八王子市のスーパー「ナンペイ大和田店」の2階事務所でパートとアルバイト店員の計3人が、何者かに拳銃で撃ち殺された。 殺害されたのは、パート店員稲垣則子さん(当時47歳)、アルバイト店員矢吹恵さん(当時17歳)、前田寛美さん(当時16歳)。なお、前田さんはこの日非番だったが、親友の矢吹さんを迎えにきたところを運悪く事件に巻き込まれてしまった。

    3人とも頭を至近距離から38口径の回転式拳銃で撃たれて死亡しており、現場は血の海と化していた。 矢吹さんと前田さんは粘着テープで腕と口の自由を奪われ、後頭部を1発で打ち抜かれ、うつぶせに倒れていた。 稲垣さんも頭部に2発の弾丸を受けていた。

    第一発見者は稲垣さんの友人の男性。事件当日の午後9時15分ころ、稲垣さんから「迎えに来てほしい」との連絡を受け、9時25分にスーパーの駐車場に到着した。しばらく待ったものの稲垣さんが事務所から出てこなかったため、10時ごろ2階の事務所を訪れたところ、血まみれの3人を発見した。このことから、事件は稲垣さんから男性に連絡があった9時15分から男性が到着した25分のわずか10分の間に起こったとされた。

    事務所の金庫には鍵が差し込まれており、こじ開けようとした形跡が残されていたため、店の売上金目当ての強盗殺人とみられたが、売上金の500万は手付かずのままだった。 事務所の金庫は鍵と暗証番号による二重ロック式のもの。 犯人は矢吹さんと前田さんを縛ったうえで、夜間金庫番だった稲垣さんに銃を突きつけて鍵を奪ったものと思われる。だが、金庫に鍵を差し込んでも、暗証番号を入力しなければ開かない構造になっている。 犯人は稲垣さんから暗証番号を聞き出そうとしたが、稲垣さんはこれを知らなかったため、売上金の強奪を断念。 顔を見られたことから3人を射殺したとみられる。

    また、事件当日は近所で盆踊り大会が開催されていたため、花火の音などで拳銃の発射音がかき消された可能性もある。

    スーパーは98年に閉店、現在は駐車場となっている。

    2010年7月30日より、公的懸賞金制度の期限が1年間延長された。

    <警視庁ホームページ>大和田町スーパー事務所内けん銃使用強盗殺人事件

    ↑↑↑ページトップへ↑↑↑

    未解決事件一覧へ戻る

     メールはこちらまで

    Copyright (C) 2017 未解決事件X All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system